夕暮れ時に見た庭のレモン

自分の感受性くらい

メモした紙をあれこれ探していたら、ハラリと落ちた紙切れ。クシャクシャっと丸めて屑箱へ投げいれようとした瞬間。「待てよ」と思って紙を広げてみると、茨木のり子さんの詩の書き写しだった。

時折読んで、自分の姿勢を正そうと手帳に挟んでいたものだが、今日は、ちょいと涙がこぼれそうになった。

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

胸にグッとくるものをかかえて薄暗い庭に出てみた。蜘蛛の巣に覆われたレモンの木に実がしっかりとついている。

「自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ」その実を見ながら繰り返し呟くと、闘志が湧いてきた。戦う相手は自分自身。再びレッツゴーだ。

関連記事

  1. 工房maishimsの机の上のパソコンとスマホとダイアリー

    ありがとう2018

  2. 織り機にかかっているアバカ糸の束

    一流の人とは?

  3. リンゴをにかぶりついているくりくり坊主の幼児が

    Reeが写したもの

  4. ウールフェルトの赤と黒のストール

    色の不思議なチカラ・紅色

  5. 柚木麻子の小説 BUTTER の本の表紙

    BUTTER 美味しい小説

PAGE TOP