織り機にかかっているアバカ糸の束

一流の人とは?

一瞬私に問われたのかと思った。

だが、それは小学校6年生の息子への質問だった。

「一流の人ってどんな人だと思う?」
ややあって、首をかしげる息子を見ながらヴァイオリンの先生はこう仰った。
「今できることを 常に できるだけ上等に やりつづけている人 を一流の人だと、私は思っているのよ。」

一流の定義って色々あるのだとは思うけど、先生の定義に心をグッと掴まれた。

音楽をやっているからとか、ものをつくる仕事をしているからではなく、ただそういう生き方をしたいなあと思った。そういう一流を生きたいなあと思った。

そう思った割には、すっかり忘れてしまって13年を過ごしてきた。しまったなあ。

しまったなあと思うなら、残された人生を、そうやって生きていけばいい。私は私の「上等」を自分で磨いていけばいい。

あの時のことを思い出しながら、パツンパツンと切れる糸を眺めていた。

そう、やるしかないね。

関連記事

  1. 柚木麻子の小説 BUTTER の本の表紙

    BUTTER 美味しい小説

  2. 工房maishimsの机の上のパソコンとスマホとダイアリー

    ありがとう2018

  3. リンゴをにかぶりついているくりくり坊主の幼児が

    Reeが写したもの

  4. 夕暮れ時に見た庭のレモン

    自分の感受性くらい

  5. ウールフェルトの赤と黒のストール

    色の不思議なチカラ・紅色

PAGE TOP